ご案内


2010.01.05

トライアスロンに挑戦しませんか

長崎県トライアスロン協会 
会長 行成壽家 

◎スイマーの皆さんへ
 各スイミングクラブに所属のスイマーの皆さん、こんにちは。長崎県トライアスロン協会の行成です。皆さんは「トライアスロン」というスポーツをご存じですか。簡単に説明すると水泳(スイム)、自転車(バイク)、マラソン(ラン)を連続して行う競技です。2000年のシドニーオリンピックから正式採用され、2008年の北京では井手樹里選手が4位に入賞しました。また、2009年新潟国体から公開競技として実施され、2016年岩手国体から正式種目となります。
 今年の新潟国体では長崎県の選手も活躍しました。成年男子は野崎君(西九州長与出身)が27位/47人、成年女子は川口さん(スパジョーヤ(ビート長崎)出身)が6位入賞/40人でした。
 ところで、トライアスロンに適性のある選手とはどんなタイプでしょうか。練習を重ねないと結果には結びつきませんが、@競泳の経験があることAマラソン(長距離走)が嫌いじゃないことB自転車に乗れること。この3つの条件を備えている人です。国体選手の2人も高校までスイミングクラブでがんばっていました。
 長崎県協会では、国体競技に正式に採用されたことをきっかけに、これから上の2人に続く若い選手の育成に力を入れていきたいと考えています。皆さんトライアスロンにチャレンジしませんか!

◎オリンピック・国体に採用されるトライアスロン
 スイム1500m(オープンウオーター)、バイク40km、ラン10kmを1人の競技者が連続して行う。トップレベルの男子は1時間50分、女子は2時間程度でフィニッシュします。

◎トライアスロンにチャレンジしたい人は、まず長崎県トライアスロン協会に入会してください。
・年会費(中学生300円、高校生1000円)が必要です。
・別紙申込書に記入して、年会費と合わせてスイミングクラブのコーチに提出してください。

◎トレーニングについて
・スイムは、選手コースの練習で十分です。
・バイク・ランは土曜日、または日曜日のスイミングクラブ(SC)の練習と重ならない時間に実施します。各 SCの練習時間を確認してバイク・ランの練習時間や場所を決めます。また、選手独自でバイク・ランの練習 を進めてもかまいません。練習メニューのアドバイスをいたします。

◎出場する大会について(主なもの)
@日本トライアストン連合(JTU)九州・沖縄ブロック 認定記録会
 (標準記録を突破するとJTUの強化指定選手に認定されます)
  ・中学生 スイム400mラン1500m
  ・高校生 スイム400mラン3000m
A天草国際トライアスロン(高校生以上)
  ・スプリントディスタンス25.75km (S:0.75Km、B:20Km、R:5Km) 
  ・オリンピックディスタンス51.5km(S:1.5km、B:40km、R:10km) 
  ・アクアスロン10.75km(S:0.75km、R:10km)  1人5,000円
B日本ジュニアトライアスロン選手権長良川大会(JOCジュニアオリンピックカップ)
  ・選手権の部A(15歳以下) 12.875km(S375m/B10km/R2.5km)
  ・選手権の部B(16歳以上) 25.75km(S750m/B20km/R5km)
Cアクアスロン IN シーサイドももち
  ・アクアスロン(高校生) 11.5km(SWIM 1.5km RUN10km)
  ・アクアスロンジュニア(中学1年〜3年生) 3.3km(SWIM 0.30km RUN3.0km)
 ※バイク上達には時間がかかるので、まずは認定記録会やアクアスロンからチャレンジしていきます。

◎トレーニングやレースに必要な器材について
 ・ラン→ランシューズ、ランウエア
 ・バイク→バイク(競技用のロードレーサー)、バイク用シューズ、ヘル  メット、バイクウエア
 ・スイム→ウエットスーツ(水温が低い場合着用します)
 ・ユニフォーム→3種目通して使用できるもの

◎トライアスロンについて質問は、右の連絡先までお願いします。どんな ことでもかまいません。遠慮なく連絡してください。

メールはこちら


2009.10.08

◆2009年度第2回JTU公認<初級指導者>養成講習会(熊本会場の案内)

JTUから、標記講習会の案内が届きました。
長崎県には、トライアスロンの指導者(特にジュニア層の)が不足しています。スイミングクラブなどで
水泳の指導をされている方や、今後、指導のノウハウを身につけたい方など、ふるって参加下さい。
受講資格(標準記録)に該当しない方の受講も、場合によっては可能ですので、
受講を希望者する方は、必ず、県協会理事長 林あて、連絡下さい。
Eメール:メールはこちら 尚、迷惑メール対策の為、@を全角にしています。半角の@に直してメールして下さい。
携帯:090-5732-8957
以下、JTUからの案内です。

 表題の初級資格講習会を熊本県で下記のように開催する運びとな
りました。この資格は、トライアスロンの未経験者や初心者を対象に、
この競技を安全にそして正しく指導するための公認指導者資格です。
 なお、(財)日本体育協会公認「トライアスロン指導員」資格取得
には、本講習会受講後、JTU公認中級指導者資格の取得と(財)日本
体育協会が講習会を実施する「共通科目T」の資格取得が必要です。

1.日時 11月7日(土)8:00集合〜同8日(日)18:10解散
(日程案=巻末参照)

2.会場 講義・実技:
[1]パークドーム熊本 http://www.kspa.or.jp/park.html
 〒861-8012熊本市平山町2972 
 TEL.096-388-2180 FAX.096-388-2234

[2]ひのくにハイツ http://www.hinokuni.com/
 〒861-8014熊本県熊本市石原町2丁目2-28 
 TEL096-380-3305(代) FAX096-380-3308

3.受講資格(20歳以上※の2009年度JTU登録者で次の[1]〜[4]の
 いずれかに該当する者)※2010年4月以降に20歳であれば受講可

[1] 20歳から30歳迄の男子で2時間20分以内、同女子で2時間35分
 以内での完走記録保持者。対象大会は、2006〜2009年度オリンピ
 ック距離(51.5kmタイプ)
 なお、 31歳以上は、上記を基準に年齢が1歳増すごとに1分を
 プラスする(40歳男子では2時間30分以内が基準タイム)。
[2] ロングディスタンス大会の場合は、上記@を基準に指導者養成
 委員会が認めた者。
[3] JTUおよびJTU加盟団体が認めた者。(加盟団体の推薦)
[4] JTUコーチングシンポジウムに参加した者。

4.内容
[1]指導者の心得/競技の歴史 [2]コンディショニングの指導法
[3]競技ルール [4]その他トライアスロンに関すること
[5]スイム/バイク/ランの指導法

5.定員 50名(定員になり次第、締め切り)

6.費用 受講料17000円(施設使用料、テキスト代含む)
[1]交通・宿泊は各自負担  
[2]登録料は別途必要(登録は2010年4月1日から)

7.申し込み先(以下の2箇所に返信)
[1] 山中良晃 JTU指導者養成委員 hinosatotriathlon@gmail.com
[2](社)日本トライアスロン連合 jtuoffice@jtu.or.jp

●返信用・2009年度JTU公認初級指導者養成講習会(11/7〜8)
◎上記案内文を削除し、必要事項を明記し返送。
[1]氏名(フリガナ)
[2]性別
[3]年齢(2010年4月以降20歳以上)
[4]加盟団体
[5]JTU登録番号
[6]住所〒
[7]電話番号(自宅/会社)
[8]携帯電話
[9]Eメール(PCアドレスが望ましい。携帯の場合はPCからの
 メールが届くよう、ドメイン指定等の解除を行うこと)
[10]FAX番号(FAXでの連絡を希望する方)
[11]意見・質問 

<日程案>
11/7(土)
8:00〜8:30受付パークドーム熊本 
8:30〜8:50オリエンテーション会議室 山中良晃
8:50〜10:20基礎理論1(講義)山中良晃
10:30〜12:30競技ルール(講義)野口隆平

12:30〜13:30  休憩・昼食   
13:30〜15:30 バイクメンテ1.(講義)室明川泉
15:40〜17:10指導者の心得・歴史 (講義)山中良晃
17:30〜19:00バイク(講義)明川泉
19:00〜20:30 夕食・休憩  
20:30〜22:00基礎理論2 (各自課題作成)山中良晃

11/8(日)
7:00〜 9:00コンディショニング(講義及び実技)山中良晃
9:00〜10:30 移動・朝食  
10:30〜12:30スイム(実技)福島智和
12:30〜13:30休憩・昼食  
13:30〜15:30ラン実技1.(実技)
15:50〜16:50スイム(講義) 福島智和
17:00〜18:00 ラン(講義)
18:00〜18:10 終了式・解散 会議室 

<以上>

(社)日本トライアスロン連合(JTU)
電話:03-5489-5401(代) FAX:03-5469-5403


2009.6.18

大島大会からのお願い

 会報で、大島大会で、初心者のためのウェットスーツやバイクの無償提供を

お願いしていましたが、次のような手続きで、ご協力をお願いします。

○使わなくなったウェットスーツやバイクをお持ちの方は、大島大会のチャレ

ンジやライトクラスに参加の初心者のために、提供いただきたいのです。提供

いただける方は、大島大会事務局宛、宅急便などで送付下さい。送料は、受取

人(大会事務局)負担としますが、 事務局の負担軽減のため、できれば、送

り主負担としていただければ有難いです。来年の こともありますので、大会

時(7月12日)に、持参いただいてもいいです。なお、送る場合 は事前に事

務局にご一報下さい。
 

 送付先:〒857-2413西海市大島総合支所内 長崎大島トライアスロン事務局 

0959-23-0010

 ◆大会事務局では、次のサイズに合うウェットスーツを提供、又は、貸して

くださる方を探しています。
   
   ・身長174cm,体重68kg,胸囲91cm,腹囲77cm、腰囲82cm
  
   理事長 林(メールはこちら)あて連絡下さい。


2009年6月

大島大会からのお願い

@ 大島大会は、今年、「ライトの部・ライトリレーの部」を開催します。

S : 0.85km B : 20km R : 6.5km T : 27.35kmの入門クラスです。

実行委員会では、より多くの地元の方の参加を得ようと、ウエットスーツやバイクのレンタル

をしたいと考えています。そこで、皆さんの家に眠っているウエットスーツや古いバイクを提

供していただける人を探しています。


A 審判のお願い

15名程必要です。締切りは、6月15日。集合は、11日(土) 10時、大島総合支所2階。

宿泊・食事は、大会側負担します。大島までの交通費は、各自負担下さい。

B また、大会付帯行事として、7月10日(金) 19:00から、大瀬戸コミュニティセンターで、マ

ラソンのオリンピック3回出場の、宇佐美 彰郎(学連会長)さんの講演会「歩いて、走って、

健康づくり」もあります。入場無料。

◆ @Aの連絡は、県協会 林 一彦まで。尚、迷惑メール対策の為、メールアドレスの@

マークを全角にしています。半角の@マークに直して送信して下さい。

お願い

@ 県協会ホームページ開設のご協力を ! !

 長崎県協会のホームページを開設したいと考えています。業者に頼まず、簡単な内容で

、年間の管理も含めて、格安(実費)で面倒を見てくださる方を探しています。現在、会報を

年4-5回発行していますが、送料が1回当たり2万円かかっています。

会報は発行回数を落として継続し、大会、練習会、研修会、講習会、審判試験などの旬な

情報は、ホームページを使って、連絡したいと思います。

内容が伝わればよいので、シンプルなものほど良いです。

 現在、会員である余語さんの協力で、余語さんの店のHPに「掲示板」として開設していま

す。

http://www.almiro.co.jp/tora.htm

A 大会や練習会などの案内、感想を送ってください。

  理事長 林 一彦あて    

  「メールはこちら」をクリックして下さい。

メールはこちら